スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第三十回 火魅子伝SS戦略会議
 第三十回 火魅子伝SS戦略会議
 


 『深川』完結記念戦略会議~。わードンドンパフパフ~。

 と言うわけでまだ読んでいない人は五十四話、五十五話を読んでからこっちを読まれる事を推奨します。ネタバレが含まれている可能性がありますです。

 五十四話 五十五話





 そんなわけで深川完結でございます。最後までグダグダで正直なんじゃこりゃ、な感じの話になってしまった事が作者として大変力不足を感じるところではありますが、まぁ、完結したんだからよしとしよう。完結したってか、させたって感じではありますが(爆

「と、言う事で一年ぶりの会議ですねー作者さん」

 ……えーと、誰?

「やだなぁ、忘れないで下さいよ。貴方の心にアトミックボム、火魅子伝SSでのみ生存の許された最後のアイドル姫ちゃんですよぅ」

 そう言えば一年ぶりだなあこの会議。正確には一年以上だけど……。

「スルーですか? もっとこう感動するとかないわけですか? 寂しいとウサギは死ぬんですよ?」

 それは嘘だから気にするな。それとそもそもお前はウサギってギャフッ――

「妙な事いうお口はこれですかー? そう言う口はいらないので縫いつけてしまいましょうね。大丈夫痛くないですから」

 って痛いわボケッ! 出てきて早々作者に虐待ってなにものだお前は!

「だって、私の出番なかったじゃないですか」

 どうでもいいだろ。そもそもお前が挟まる隙間がどこにあったっちゅーねん。

「変なモノローグで歴史ねつ造されてはいましたけどね」

 そういう解釈してみたってだけだよ。間違いなく深川の姫御子とお前は別人だがな!

「それならそれで、その姫御子ちゃんもきちんと過去編書いてくれないとなー、とか思うんですけどねぇ」

 蛇渇が狂った過去編とかは考えてるんで書くかも知れないけどね。ってかそれいれると少しばかり話の格子がしっかりしていい感じだし。終わらせる前にそっち書けってはなしだけど今月は多分過労死寸前に追い込まれるほど忙しいので書いてる暇がないんだよ。

「で、さっさと終わらせたと」

 十三階段の方にその内置くわけですが、そのときは色々付け加えるかも分からん。

「なるほど。有言不実行になりそうな予感がしますけども」

 まぁ、その可能性もなきにしもあらず。

「他に裏情報は?」

 制作上の話だと途中五回ほど本気で捨てようかと思いました(爆

「うわぁ。ぶっちゃけた」

 今年に入ってからは本当に忙しくて書く暇なかったし、サイトも放置が続いてたしねぇ。

「それでも一応終わらせたんですから、偉い偉い」

 一年以上かかるとは一体誰が予想した事か。まー、単純に盛衰記は更新が早すぎたってだけなんだけども。期間もそうだけど五十話越えるとも思わなかったし。もう少し短くまとめられる才能が欲しい。売ってないかなぁ、どっかに。

「売ってたとしても、多分速攻で売り切れてると思いますよ」

 そりゃそうですね。

「で、他に話は?」

 今回の深川のエンディングですが、実のところノーマルエンドでトゥルーエンドではありません。

「はい?」

 バッドエンドはまぁ、別にいいとして、グッドエンドルートに入って後二十話ほど書くとトゥルーエンドになるんですが、非常に面倒なのでここで終わりです。

「……殴ってでも書かせてしまいましょうか」

 無理無理無理。これ以上長い作品などナンセンスだ! すでに作者は二度と読み返さない事を心に決めた闇歴史に記されているような作品だし。

「歴史に記されるの早いですねぇ」

 書いてる途中で確信してたからね。放り出すのもあれだから頑張ったけど。

「ん、で結局書く気はないんですね?」

 まぁね。蛇渇過去編は本編を補強するためにも書くつもりだけれども、トゥルーエンドはそっち書くと蛇足な感じもあるし。単純に深川が主人公でのエンディングか、九峪が主人公でのエンディングかの違いではあるけども。

「反響によっては書く?」

 気分次第。いいから別の書きたいような気もする。

「まぁ、では気まぐれに期待するとしましょう。私が登場するという」

 それはねーよ!

「酷っ!」

 そんな事よりこの場を借りて告知なぞを。

「なんです?」

 火魅子伝の二次小説を書いておられる清十郎さんが、この度十三階段へと投稿される事が決定されました。

「ほほぅ。初の投稿作品という事になるわけですね。本サイトは随分と更新してませんからまさにカンフル剤。これで自分の小説は更新しなくてもサイト運営してるっぽくなって怠け者の作者さんは大喜びですね!」

 そう言う事は大声で言わないように。まぁ、放置してるから否定の言葉もありませんが!

「では清十郎さんの作品、火魅子伝異伝、現在三十七話まで置いてありますので皆さん読んでくださいね~」

 さて、会議はこの辺で。追記の方にweb拍手とコメントのお礼をば。

「うぅ、それで次回の会議……は一年以内にあるんですよね?」

 知らん。

「そんな殺生な~!」













続きを読む
スポンサーサイト

【2007/09/02 20:26】 | 会議 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。