スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アトガキ 編年紀三十章
 アトガキ



 一ヶ月ぶりでございます。
 なんとか今年中に最後の更新が出来ました。

「あれ、てっきり『このていご こと小説に限り虚偽は一切言わぬ 出す・・・・・・!出すが・・・・・・今回 まだ明確な時の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になれば小説の更新はは10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!』とか言ってすっとぼけるかと……」

 そんなに腹黒くありませんて。
 まぁ、でも、ここ一ヶ月も仕事が立て込んでおりまして、寝る間もないくらいと言ったありさまでした。いや、三、四時間はねていたけれども、休みはなかったって言った方が正確ですかね。

「ふーん」

 つれない反応ですね。

「私としてはあなたがどういう状況であろうが、きちんと連載されていればそれで言うことはありませんからね」

 薄情な。まぁ、そんなことより内容についてですが。

「主に紅玉さんと伊万里さんのお話でしたね。二人ともさすがというか……」

 裏で主要な敵役だった鉄鼠の出番ですが、まぁ、しかし戦いはこれからどんどんインフレする見込みなので、暗殺者の扱いもなかなか難しいんですけれどねぇ。

「既に相当インフレしている気はしますが」

 それでも貴方ほどじゃないですけどね、姫ちゃん。

「そりゃあそうでしょうけど、って本当にそうですか?」

 ――たぶん。

「やれやれ。しかし、湯布院攻防、と言うか狗根国増援にむけての前哨戦ですけれども」

 その辺はまぁ、話のおまけみたいな(げふんげふん

「お、おまけッ!?」

 戦うべき本当の相手というか。黒幕というか。まぁ、その辺の話もぼちぼち出てきますので。

「ネタバレ?」

 ただの予告です。


 次回予告

「ここが湯布院だから大丈夫? 何をおめでたいことを。あの連中が、あの軍師が、十倍の狗根国軍を年単位で抑えていたのがただ砦のおかげだと? その連中が無策でこの湯布院をとらせると、本気でそう思っているのか? 随分夢見がちだな。まるで乙女のようだ。何も知らぬ生娘のような甘さだ。都合が悪い現実から目を背けるだけの奴腹など、この舞台に相応しくない」

 次回更新も約一ヶ月後の予定です。



続きを読む
スポンサーサイト

【2010/12/29 23:16】 | アトガキ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。