スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第六回 火魅子伝SS戦略会議
第六回 火魅子伝SS戦略会議



 うぃ~っす!作者です!何故かブログだと一人称が作者で、サイトだと管理人な作者です!別に深い意味はありませんよ~。

 え?テンションがいつもと違うって?アハハハ、すみませんね、現実世界で色々立て込んでおりまして、いっぱいいっぱいな今日この頃です。理由の説明になってませんね。ま、いいや~。

 では、第六回の戦略会議を始めたいと思いま~す。

 本日はようやく出番が回ってきた藤那様の登場です。

 どげしっ!

 がすっ、がすっ、ボキ

「貴様、なんだアレは~!!なぜ私があんな真似を晒してるんだ!!」
 い、いたひ。首が妙な角度に……
「知るか!答えろ!」
 もう、乱暴なんですから。
 まあ、何の話か分からない人は本日upした編年紀十二章を読んで下さい。先にネタバレされたって当たらないでね。
「いいから、こ~た~え~ろ~っ!!」
 ……だって、本編でだって琉度羅丹がアレでそうなりそうじゃないですか。編年紀ではそこをアグレッシブに書いてみただけですよ。
「常識的に考えてあそこで反乱起こす分けないだろう!」
 そうですかねぇ。大胆がウリの藤那様ならなきにしもあらずだと思うんですが。
「というか、あの閑谷は何だ!普通閑谷が真っ先に止めるだろ!!なんで積極的に加担した上に、人殺しまでやってるんだ!」
 嫌だなぁ。閑谷だって人くらい殺しますよ。書いてないけど徒然草の彩花紫戦であなたの横で戦ってたじゃないですか。
「戦場での話とは別だろうが!!」
 ―――ああ、なるほど。愛しの閑谷くんが汚されて怒ってたんですね。ぷぷ、可愛い所も……

 ごきん
 ぼぎぼぎ
 ぶち

「ふー、ふー、ふー」
 馬鹿力ですなぁ。作者の首をねじ切るとは。普段からこれを食らってる閑谷くんの首はものすごい強そうですねぇ。ムエタイとかレスリングとかやったら結構凄いかも。
「ぬおっ!生首でしゃべってる!?」
 まあまあ、そんなに驚かないで。
「ちっ、本当に不死身か。ところで私の今後の活躍はどうなってるんだ?」
 幻聴記はまあ、考えてないんですが、編年紀はちょこちょこ活躍するんじゃないですかね?あんまり活躍されると耶麻台国が滅びそうですが……。
「いっそのことこのまま征服した方が……」
 なにやら物騒な事を……。
 まあ、それなりの役所ではありますから、徒然草のように出番すらないよりはマシ、になるでしょう。
「本当だろうな?」
 作者はウソつかないヨ。
「なぜ片言なんだ」
 ……?ソナコトナイヨ、シャチョサン。
「ふむ」(何かを納得したように頷く

 ぶち

「口もなくばしゃべれまい。一応焼いておくか」

「天の火矛!」

 じゅうううう



「編年紀は次回から、【藤那覇王伝~火魅子への道~】に改名だ。期待して待ってろよ、ふふふふ、あーっはっはっはっは!!」





追記:
 さて、何事もなかったかのように補足を。実はweb拍手にかようなコメントがありまして……

8:10 新説の13で訓練前に1回、試合前に2回九峪様って呼んでるのに殴ったのは2回なんですか・・?

 あ~あ。やっちゃったよ。訓練前のは作者の誤植です。君とか様とか殿とか色々使ってるから混乱気味だったのでしょう。多分。修正させて頂きましたので、ってこれ送ってくれた人がここ見てない可能性もあるんですが、まあいいか(オイ

 ついでにこんなコメントも頂きました。

16:03 幻聴記も徒然草も九峪の人物像が新鮮で、とても面白かったです。今の所は幻聴記が一番楽しめました。

 ありがたいです本当に。感想くれるとやる気が出てきますから。と言うことで感想ください。ツッコミでも構いませんので是非。
 それでは今日はこの辺でヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ
【2006/02/06 16:16】 | 会議 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<出雲盛衰記03 | ホーム | 第五回 火魅子伝SS戦略会議>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sophist00.blog48.fc2.com/tb.php/10-8743a3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。