スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第二十六回 火魅子伝SS戦略会議
 第二十六回 火魅子伝SS戦略会議



 やることなすこと全て上手くいかない。ああ、やってられるかコンチクショ~!
「やさぐれてますね。早々世の中上手くいかないんですよ。もしくは作者さんの思慮が浅いかどっちかですけど」
 ……うむ、口が減らんな君も。
「誰のせいでこうなったと思ってるんです!」
 作者のせいだとでも言いたげだな。
「その通りじゃないですか! もっとおしとやかで大人な女性だったのに」
 それは多分お前の錯覚だ。記憶を勝手に書き換えるなアホ。
 では、web拍手のお返事を。

 一件目。

0:54 多分。に期待
 といただきました。
「ほらほらほらほらほらほら、期待されてますよ。私の活躍を」
 ……まぁ、ねぇ。でも、ほら。
「何ですか?」
 何を書けばいいもんかなぁと。試しに書いてみたんですけどどうもねぇ。
「え、書いたんですか? じゃ、出しましょう」
 まだ完成してないし、そのままボツかもなぁ。色々考えてみるけど。
「では期待しておきます。コメントありがとうございました」

 二件目。

9:18 出雲盛衰記@現代滅茶苦茶読みたいです
 といただきました。
 ま、また来た。そんなに読みたいのかなぁ。
「読みたいんですよ、きっと。主に私を」
 そうかなぁ、それは疑問だなぁ。
「で、書いてるそうなので暫く待ってみて下さいね」
 まぁ、ぶっちゃけつまらないのしかできあがらなかったらお蔵入りですけどね(笑
「笑いごとじゃな~い! 意地でも面白いもの書きなさい」
 はいはい、せいぜい頑張ります。
「コメントありがとうございました」

 他にも叩いて頂いた皆様ありがとうございました。


 で、会議だが……
「はい、何でしょう?」
 いや、特にネタはないな。平日はそもそもあんまり書かないし。二次は。
「何でですか?」
 いや、別に意味はないけど。まぁ、さっきまで深川の奴をちょろっと書いてたんだけどね。
「書いてるんじゃないですか」
 まぁ、暇だったし。これも暇潰しなんだけどさ。
「まぁ、つぶせるだけ暇があるっていいことですね」
 いいやら悪いやらだが。

「で、深川のと言うと、『十章くらい書いちゃうもんね~』とかノリノリで言っていた奴ですよね」
 ああ、まぁ。
「勢いで言ったのはいいけど、いざ書いてみたらそんなに書けないって話ですか?」
 ……お前はエスパーか。
「いえ、たいていの人はこの流れなら分かると思いますけど」

 まぁ、正直逆なんですけどね。
「逆?」
 十章でまとまりそうにない……。普通に長編になりそうで戦々恐々と……。ああ、はじめちまっていいのかこれ……。
「……長編はもう増やさないと。そもそも新説は……」
 代わりに連載しちまうかなぁ。
「なんか戯言言ってますね。両方連載すればいいでしょう。ああ、幻聴記と編年紀もあわせて四つ同時に」
 死ぬわ! 編年紀はやるけど他はどうなるかなぁ。う~ん、謎だ。
「なんかそんな事言ってるので、皆さんこの駄目作者に苦情を!」
 本当に来たらどうしてくれる! わしゃ知らん! 知らんからな!


 では本日はこれまでヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ
「ヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ」

【2006/07/28 17:48】 | 会議 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第二十七回 火魅子伝SS戦略会議 | ホーム | アトガキ 編年紀【裏】十七章>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sophist00.blog48.fc2.com/tb.php/110-a3b5cf97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。