スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アトガキ 編年紀二十六章
 アトガキ



 と、言うわけで編年紀もいよいよ第三部に突入です。正直部で分ける意味があるのかは謎ですが、まぁいいか。幻聴記よりはいくらか意味があると信じます。

 で、まぁ、最後の話で全てが吹っ飛ぶ今回でしたが、反省すべき点があるとすれば十七夜が復活するの早っ! あーんど結局どうやって蘇ったか分からない! という話でしょうか。分かってるなら書けばいいような感じですが、ギャグにしかならない気がしたし、そうすると先に九峪のこと書かなくちゃならないし~、と言うことで無くなりました。

 あ、前回出した裏の十七章で九峪が十七夜を重そうに持ったという表現は九峪がちっこくなっているという伏線だったと見苦しくもここに書いておきましょう。はて、重そうに? 九峪はごっつい力持ちになっていたのでは? という話とか、なんでそれがそうなってるねんと言う話は次回で~す。

 恒例の一行次回予告。

「……気づいて、おられましたか」

 今回もだけど次回も次回で説明臭くなると思うので、あんまり肝心な台詞でも無いです。



 ではweb拍手のお返事でも。

 8/1分。一件目二件目三件目。

8:11 サイトに遭遇。読みまくる。一押しは…・・・幻聴記!
8:12 しかし止まり気味、残念無念。
8:12 ……ふと思いついて余裕があったらばよろしく。
 といただきました。

「そう言えば幻聴記も書いていませんね~」
 出たな。
「出ますよそりゃ。で、どうなんですか? こっそり書いてたりするんですか?」
 それがそうでも無いのだよ。最近どうも筆が止まり気味で……。まぁ、ぶっちゃけオリジナル書いてるも~ん。
「また期待している人が少ない所を。と言うか、私の活躍するという噂の盛衰記外伝は?」
 あ~、一週間くらい放置。多分これから永遠に……
「え~。じゃあ深川は?」
 う~ん、そう言えば先週末は書いてないなぁ。今週末に書くかなぁ。編年紀と一緒に。

「新説は?」
 ……。
「はいはい、聞いた私が馬鹿でした。でも、ちゃんと連載はやって下さいよ?」
 何かしら一週間に一つはせめてだそうと思います。あ、今月の第三週は休みなので休みますけど。
「盆休みですね」
 ええ、そうですよ。まぁ、書きだめておこうかなと思いますです。
「そうして下さい」
 コメントありがとうございました。

 え~と、後は昨日一件。これは連絡事項ですか。
 メールは送りましたがもし届いていなかったら連絡下さいませ。ちなみに断頭台の注意書きにも一応連絡用のメアドは載せておきましたので~。
「って、何の話です?」
 まぁ、あれだ。オリジナルのOLSシリーズの八月号で、蛇足版はメールで連絡してくれた人に送るという形にしたんだけど、断頭台の方にはメールアドレス何処にも書いてなかったんだよ(爆 一応十三階段の方にはあるんで、そっちから見つけて送ってくれた人もいるけど……。
「始めから読んで貰おうと言う気が見えませんね」
 だってえろえろなんだも~ん。恥ずかしいだろ。

「じゃあ書くなって話ですね」
 そう簡単にいくか~っての。
「そうですか。ともかく他にも叩いてくれた人ありがとう~!」
 唐突に閉めるな。


「さて、それでは本日も会議に」
 だから今日はアトガキだと。
「いいじゃないですか。別にアトガキになってないし。作者さんの反省文しか載ってませんよここ」
 言われてみれば……。じゃ、じゃあ少しだけアトガキっぽくどうでもいいことを暴露してみるか。

「どんなです? あ、ネタバレはいけませんよ?」
 しないっつーの。今回タイトル通り暴露した辺りに関係しますが、編年紀第一部表の一章から十章までのアトガキの一音め(漢字もあるけどあくまで一音)をつなげると……。

「さ、く、や、は、じ、つ、は……ってものすごい暇な事してたんですね。呆れた……」
 まぁね。これがやりたいが為だけに第一部はアトガキを書いてました(爆 途中で辞めると不自然だから裏とかにも書いたりしてさぁ。
「これはさすがに誰も気づきませんねぇ」
 だろうね。でも今回の事に関してだけ言えば読んでれば普通に気が付くと……というのは作者の思い違いかなぁ。九峪がいるのに顔出さないとか割と露骨だと思ってたんだけど。

「そういえばゲストブックにこの件に関しての指摘が来ていましたね」
 そうだね。まぁ、あっちは返事しなくていいから助かったけど。web拍手とかでその手の質問をされると正直困るというか……。まぁ、嘘答えてやりますが。ケケケケケ。

「この外道。でも、こうなると九峪君とは知らずにみんな色々と……」
 特に彩花紫辺りは調子に乗って九峪がどんな人間か朔夜にしゃべっちゃってますからねぇ。新たな視点で読み返すと面白いかも?

「どうでしょうね。そもそも読み返すほどの……」
 だまれそこ! 心ある人はきっと読み返してくれるさ! どうせ最近更新遅いんだから……。
「そこは作者さんが真面目に……」
 うるさいわ~~~っ! 今日はもうカエル!

「あ~あ、拗ねちゃいましたね。じゃあ、そう言うことで本日はこの辺で。ヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ」

【2006/08/03 22:19】 | アトガキ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第二十八回 火魅子伝SS戦略会議 | ホーム | 第二十七回 火魅子伝SS戦略会議>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sophist00.blog48.fc2.com/tb.php/112-590bde36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。