スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
深川43
 深川
 四十三話



 泣き叫ぶ九峪を、少し下がった位置で見つめる深川。
 大事なものを自ら刈り取って、どうにもならなくなってしまった状況を嘆く。

 そんな九峪の後ろ姿が、どうしようもなく気にかかった。

 逃げるなら今を置いて他にない。そのことに意味がないことも知っているが、万に一つを考えるなら、それが賢い選択だろう。
 もはや望みを叶える権利は九峪にしか無いことを知り、ただ利用されるだけの深川にとどまる理由など無いはずだ。

 九峪の願いが九峪の理想とする世界だとするなら、そんな場所に自分の居場所はないのだから。

 それでも、なぜ動こうとしないのか。

「……ふん」
 頭を掻いて、他にどうしようもないから九峪に近づく。日魅子を抱えて泣きじゃくるその横に立ち、ひときわ小さく見える体を見下ろす。

「忌々しいな、蛇渇」
 口を衝いて出た言葉はもはやどうでもいいただの事実だった。

 九峪はその言葉に顔を上げ、ただ首を傾げる。

「聞こえてはいるんだろう。全く結局私はお前の手のひらの上で踊っていただけと言うことか。くそじじいめ、全く持って忌々しい」
「……なんの話」
「目の前に危機がなければ眠ったままか。お前がそんなものだと一体誰が知っていただろうな。狗根国に与していたのも結局は寄生する輩を捜していただけか。私に鏡を捜させていたのも、全てはお前の計略通り」
「深川?」
「九峪、悲しむ必要はない。お前の体を使って火魅子を屠ったのは、倭国で一番腹黒いくそ爺だ」

「――光栄に思うがいい、深川。貴様のようなゴミくずが、我が大願を叶えるための一石に選ばれたのだ」
「黙れ蛇渇」
「態度が太いな。そう嘆くこともあるまい? この小僧の願いは事もあろうにお前の幸せでもある。それを叶えるために殺される心配も無くなったのだ。カカ、良かったではないか」
「いいわけがあるか!」
 利用され、殺される心配が無くなったとして、結局深川の目的とするところ、その願いが叶うことは無い。

「そもそも、元がどうだか知らないがお前が九峪の願いを素直に叶えてやると思うほど、私は楽観していない。何をたくらんでいる、蛇渇」
「カカ、その先は鏡を取ってきたら教えよう。逃げるならそれもいいが、今のお前にはそれも出来まい。カッカッカ」

 九峪の顔で愉快に笑った蛇渇は、見透かすようにそう言って、九峪に体を譲り渡した。

「……なんだってんだよ。あいつは、何なんだよ! 深川、俺は――」
「聞かれても答えられないさ。私は蛇渇に逆らうことなど出来ないから、お前を助けることは出来ない。そもそもお前の体に奴が入ってるというなら、ナントカできるのはお前自身だろう。お前が火魅子を殺したことを悔いて自分を殺そうとすればするほど蛇渇は自由になる。人殺しをしたくないなら気を強く持つんだな。それで何とかなるかは知らないが」
 投げやりに言われて、九峪は呆然としながらも頷く。その言葉を噛みしめるように。

「私はこれから鏡を取りに行く。人殺しが本当に嫌だというなら本気で足掻け。でなければ、あいつ等はお前が殺すことになるんだからな」
 湖に入っていく深川の背後では、土埃を上げて耶麻台国軍が突進してくるところだった。

 火魅子を殺されて、黙っていられるわけもなくて。






 ――カカッ、あれだけの力の差を見せられて尚我に挑むか!

 頭の中に響いた哄笑。また、九峪の意識が体から引き離されそうになる。

「や、めろぉ……」
 ――抗うつもりか? 二十年と生きておらぬ小僧の分際で、千年の時を生きてきた我が精神に抗うというか。カカ、無駄よ無駄。

「ふざっ――けんな」
 頭を掻きむしり、何とか自我を引き寄せる。
 押し寄せる人の波。それを、また殺すなど――

「俺は、俺が欲しいのはっ!」
 抗いがたい精神への浸食。裡にどんどんと黒い何かがわき上がり、右手が勝手に動いて炎の御剣を握る。

「うぅ、俺は、俺は、俺は誰も殺したくなんかっ!」
 ずるりと剣は引き抜かれ、嫌な感触だけは九峪にも知覚できてしまう。

「だから、てめぇは――」

 邪魔だと、叫びたかったのだろう。だが……

「カッカッカ、無駄な事よ。お主の願いは叶えるが、どうやって叶えるかは我が裁量。叶えられるのをお主はただ待てば良い。我を否定することは勝手だが、全てはお主の望みが、お主の理想がそうさせているのだ。手段はどうあれ、この世に他人を踏みつけぬ願いなど一つたりとてありはしない。それを自覚するのだな」

 振り下ろされる剣。兔華乃と火魅子を葬り去り、今や九峪を乗っ取り炎の剣をその手にしている蛇渇を止められるものはどこにもいない。

「自己を肯定しろ九峪! お主とて思わなかったワケではあるまい? 誰一人傷つかぬ理想の世界。裏切りも嘘も人殺しも戦争もない世界。そんな歪なものを実現しようと思えば、どれほどの弊害が出ることになるかなど。本来あるべき姿が今なのだ。ならば、それをねじ曲げようと思えば当然どこかにしわ寄せが生じる。今を維持しようとお前に襲いかかる。つまりあれらはそう言うものだ。火魅子も魔兔族もお主の願いを叶えるための礎となったのだ。否定は出来まい? ならば、手を下したのが我だとして、罪はお前以外の誰にもない。我はもとよりただ願いを聞き届け、叶えるだけの一つの道具にすぎんのだからな」

 楽しげに宣って、蛇渇は軍勢に向かって走り出した。正面を切ってかけてくるのは、大きな鉄槌を持った衣緒。
 火魅子を殺され逆上し、あらかじめ言われていた火魅子の指示も忘れて。

 ――否、聞き届けろという方が無理か。
 大部分の人間にとって、百年以上も空位だった正当なる火魅子だったのだ。これで安寧が約束されたと思った。平和な時が戻るのだと信じていた。そのために戦いを選び、家族を置いて兵に志願した者達ばかり。
 その、肝心要の部分を殺された。

 また、元通りか。
 また、苦しい思いが続くのか。
 子供がまた飢えて死ぬ。
 狗根国がここぞとばかりに攻め込んできて、今まで以上に虐げられる。

 その全ての責任は、九峪が火魅子を殺したせいだと。

 それはもはや統制の取れた軍などではなく、ただの暴徒の群れ。
 逼塞した状況を打破できる希望を奪われ、絶望を再び突き付けられて、理性という名のネジが残らず吹っ飛んでしまっている。

 もはや、止めることなど出来ない。

「貴様ぁああっ!!」
 目を釣り上げ、髪を振り乱して大きな鉄槌を振りかぶった衣緒。

 その表情に、九峪は確かに感じた。自分のしたことの罪深さと、憤りを。

 ――なんで、俺はあのときに。

 自分に腹が立った。
 どうしようもなくむかついた。
 出来たかどうかは知らない。だが、自分の体が自分以外に支配されてしまった恐怖に竦んで、日魅子を殺してしまうと言うそのときに至ってまだ、自分は本気で自分を止めようとしていなかった事に。

 どうにもならなかったかも知れない。
 でも、どうにかしなかったのは自分だ。

 ならば、やはり罪は自分にあり、同じ事を繰り返す事は許されない。

 ――何が千年だ!

「ぐ、ぬ」
 蛇渇が異変に気づき呻く。

「なめ、る、なぁ――」
 口から漏れた声は、一体どちらのものか。ただ――

「十六年しか、生きてないからってなぁ……」
 続きに漏れたのは確かに九峪の言葉。

「千年、シコシコ腐ってた奴なんかに――、俺が負けるかぁっ!!」
 ――貴様っ!!

 九峪は全力で歯を食いしばると、土煙を立てながら足を止め、惰性で滑りながらも剣を振りかぶり、地面に向かって思いっきり斬りつけた。

「どおりゃあああああっ!」

 軍勢を囲むように光の壁が走り、同時に猛烈な突風がその侵攻を阻んだ。

 喚声も、足音も、衣擦れの音すら消え、鳩が豆鉄砲を喰らったように、動きは止まった。

「はぁはぁはぁはぁ」
 未だ支配権を得ようと藻掻く蛇渇を裡に抑え、荒い息を吐きながら尻餅をついている衣緒に視線を向けた。

 手を伸ばせば届きそうな距離。
 本当にぎりぎりだった。光の壁は剣の太刀筋。九峪と耶麻台国軍の間には断崖が作られている。

 この一撃が、今目の前にいる者達を殺すはずだった。

 だが、それは止めた。止められた。こんなにも恐ろしい一撃でも、九峪には止めることが出来た。

 殺さずに済んだもの。
 
 失わずに済ませられたもの。

 それを――九峪は。

「く、たに、さん」
 かすれる声で衣緒が名前を呟いて、九峪は溢れてきた涙を無造作に拭いて、踵を返した。

「衣緒。日魅子を丁重に葬ってやってくれ。本当に、済まない」
「何があったんです! なぜ、なぜあなたが火魅子様を」
「……関わるな、もう。次も止められるかは分からない」
「何処へ?」

 訊ねられた質問。それと同時に都督から立ち上っていた光の柱が消えた。

「…………」
 九峪は答えずにその場を去った。

 その背中に、ありったけの後悔の念をにじませながら。













追記:
 あーうー、皆様如何お過ごしでしょうか。私はまぁ、ぼちぼちな感じです。今週は休筆週間と勝手に決めたために何一つ書いてません。いや、それは嘘ですけども、殆ど書いてないんですよ。栄養補給代わりに読書したりゲームしたりしてました。まぁ、もちろん仕事もしてましたけどもね。


 web拍手のお返事。
 6/5。

3:02 毎日チェックして楽しみにしてます。各キャラが凄く生き生きしてて良いです。ラストまでがんばってー。
 と頂きました。
 ラストってどの辺になるんでしょうねぇ。盛衰記よりも短く、且つ盛衰記完結から一年以内には終わらせたい、とか思ってたんだけども、そうなると来月までに終わらせなくちゃならないわけで、さすがにそりゃ無理かなぁとか思い始めてる次第であったりするのですが、そこはなんとか気合いと根性で、せめて更新ペースが一週間より延びることはないように連載していきたいなと思っているわけであります。
 コメントありがとうございました。

 他にも沢山の拍手を頂きまして、感謝感激であります。ありがとうっ! ん~、ようやく五人くらいかなぁ。あはは、さすがに気づきませんねぇ皆さん。まぁ、別にたいした事でもないしねぇ。web拍手は十回叩くべしなんて言ったところで。


 では本日はこの辺でヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ
【2007/06/10 21:37】 | 小説 | コメント(0) | page top↑
<<深川44 | ホーム | 深川42>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。