スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第十回 火魅子伝SS戦略会議
 第十回 火魅子伝SS戦略会議



 ちわ~っす。
 皆さんご機嫌ですか?
 なんか今日は四月上旬並みとか言う暖かさで、雪が溶けてくれそうです。さっさと消え去れと思っていたので何よりですね。

 どうでも言い気象の話は置いといて、ちゃっちゃと始めましょうか。

 では第十回火魅子伝SS戦略会議の始まり始まり~。

 本日のゲストは倭国一のツンデレ、清瑞です。
「なんだ?つんでれとは」
 あ~、別に気にしなくていいよ、そこは。作者の清瑞ツンもデレもしてないから。というか、ツンデレキャラの書き方が分かりません。
「だから、なんなのだ?」
 え~と、そうだね。この台本読んでくれれば全ては理解出来るかな?
 まず、作者から『今日は来てくれて悪いね、清瑞ちゃん』(棒読み

「何々?『べ、別にお前の為に来てやったワケじゃない。私が来ないと、他の奴が困るから…、だから仕方なくだ、仕方なく!』で、いいのか?」

 うん、だいたいいいんじゃない。そんな感じ。出来れば視線そらしつつ、顔赤らめつつがいいけど。まあ、かなり初歩的なツンデレだね。これ以上は知らん。この程度のネタも最近ギャグマンガとかで使われてるの見ると、なんだかなーだし。
「ふん、どうでもいいが、なぜ唐突に私なんだ?」
 ゲストなんていつも適当に選んでますから。まあ、昨日upした盛衰記関連で雲母って言うのも考えたんですが、龍虎さんの短編を読んだので、清瑞になったのかな?
「龍虎さん?」
 火魅子伝同盟に短編を投稿してるSS書きの人ですよ。九峪に膝枕する清瑞。う~ん、ウチの作品だと新説以外ではあり得ないなぁ。意外と九峪×清瑞の関係浅いし。
「単にお前が嫌いなだけだろ?」
 原作の清瑞は好きなんだけどな~。好きなキャラと書きたいキャラは必ずしも一致しないし、好きだからと言って活躍させられるかというと案外そうでもないし。
「つまり私の事は書けないと?」
 ん~、というか、ツンデレキャラが書けない。書けないと言うよりは、書いていると疲れる。多分作者の中にツンデレという属性が欠片も存在しないからでしょう。まあ、そう言うキャラほど他の作品で読むと惹かれるワケですが。
「ふうん」
 まぁ、書けるように勉強したいもんですけどねぇ。ああ、今年の目標はツンデレを習得することにしようかな。
「くだらん目標だな」
 ばっさりと斬り捨てるなよ。コレだから作者の書く清瑞は。本当にただの殺し屋なんだから。デレっとしろ少しは!
「お前がちゃんと台本書けばいいだけだろ。逆ギレするな」
 そのための目標だろうが!!
「……ふん。で、去年の目標は何だったんだ?」
 いや、別にないけど。
「……」
 作品毎にこう書こうってスタイルは自分なりに決めるけどね。意図的にこんなキャラにしようと書いてても破綻するし。新説の九峪なんかまさにそれ。あんな小学生いてたまるか。大体ホッキョクグマ倒すって貴様勇○郎か!!一文字流とか、アホかと。ちなみに今確認したら技の名前間違ってるしね。巌山剣じゃなくて斬岩剣です。
 どうでもいいけど元ネタが濃いね、どっちも。
「じゃあ、今回の目標もどだい無理な話じゃないのか?」
 ……頑張ることに意味があるんだよ。一歩一歩歩いていれば、到達出来なくても確実に近づくさ。あ、なんかいいこと言った。
「向かう方向を間違ってなければな」
 ……そんな否定的なことばっか言うとぐれるぞ。
「これ以上性格がねじ曲がったら次は犯罪者だな」
 人聞きの悪い。
 作者は反社会的な言動を好むけど、思想はその真逆なんです。
 決まりも守れん豚は逝っちまえって事ですよ、けっ。
「だったら……」
 ん?
「まずはお前から逝け!」

 ずぱっ
 ぶしゅううう

「ふう、これもお約束だな。では次回からは私が主役の感動巨編【清瑞先生のツンデレ教室】がはじまるぞ。見ない奴は居残りさせてやるからな」








追記:
 首がもげた。
 よっと。
 ふう、くっついた。最近キャラに襲われるのに飽きてきたので次回辺りから作者の逆襲が始まるかも。どうでもいいですね。
 はい、と言うわけで本日も下らん会議は終了です。ちょっとだけ清瑞先生を見てみたい気もするけど……。


 えっと、まずは昨日のweb拍手の紹介、と言いたいところだが一つも来てねぇし。で、さっき見たら今日の分で一個来てたのでそっちを紹介してしまいましょう。

6:54 出雲、05じゃなくて06じゃないかな?それともこの先ずっと05とか?

 ぬがあああああっ!恥ずかしいなぁ、もう。急いで直しました。ご指摘ありがとうございました。
 結構通し番号とか面倒ですねぇ。編年紀とか徒然草にもついてるけど、あれは場面転換が多くなりすぎるのを抑制するためのものです。一つの話で五回以上場面転換が入るようだと、かなりぶつ切りな話になってる可能性があるので。まあ、効果のほどは分かりませんが。増えすぎるようだと話しそのものを変えることもしばしばですが。
 
 さて、それでは続いては感想にお答えするコーナでございます。と言っても、お一人様ですが。もはや盛衰記はあなたのために書いていると言っても過言ではない(?)です。

□ さあ、次は誰だ?
雲母まで出てくるとは……正に理想郷!お姉様揃い踏み!!
九峪は謎の不死身っぷりを発揮して兎音までその毒牙に…………そうですか、また浮気ですか (ノ ゚ρ゚)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::
最早何も言わん!このまま雲母お姉さまも落としてしまえ(笑
そういえば兎は寂しいと死んでしまうと聞きますが魔兎族の皆さんはどうなんでしょう?

ヤマもオチも要りません、そこにお姉さまがいれば!!
お姉様プリーズ!!あとウサギさんテイクアウトでお願いします(笑
……これ以上アホな事を喚いてるとパンダ色した車で壁の向こうに連れて行かれそうですので、この辺で失礼します。

 逃亡者さん毎度感想ありがとうございます。
 ぼちぼちお姉様キャラがいなくなってきました。あとは亜衣と魅壌くらいか。紅玉はどうするかな。お姉様って年でも……いえ、後で殺されそうなので言わないでおきましょう(汗
 まあ、なんか話が九峪が浮気するSSと化していますが、どうせなのでこのままどんどん浮気をして貰いましょう(爆 次回辺りで雲母をぐちょんぐちょんに。
 ちなみに兎は群れで生活する動物ではないので、別に一人でいると寂しくて死ぬことは無いらしいですよ。むしろ好ましいくらいだと確かトリビアでやってました(うろ覚え ウチでも昔兎飼ってましたが、一匹でも平気で生きてましたしね。まあ、犬のエサになりましたが……

 ヤマもオチもいらないとの嬉しいお言葉ですが、今思うと基本的に作者のSSって山とかあったか?まぁいいか。気にしないでおこう(ぉぃ
 あのウサギをテイクアウトしたいとは随分キモが座ってらっしゃいますね。そんな逃亡者さんはパンダ色した車より、全身黒服の男に両サイド固められて、怪しげなラボへ連れて行かれる方がきっとお似合いですよ(ぇ

 では、アホな話しになってきたので今日もこの辺でヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ
【2006/02/15 12:44】 | 会議 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<出雲盛衰記07 | ホーム | 出雲盛衰記06>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sophist00.blog48.fc2.com/tb.php/18-86a3d737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。