スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アトガキ 編年紀十七章
 アトガキ



 十七章更新致しました。


 はぁ~。


 え~、ま~、今回の話は本編に加える必要があるのか怪しいほどどうでもいい話のまま終わっているわけですが、敢えて言うなら藤那の陽動の可能性を示唆するのが目的ってだけ? それも朔夜の発言以上の物証は無いので実際の思惑は藤那にしか分からないままですが……。
 清瑞が幼児相手にあらぬ事を考えていますが……だめだぞ、清瑞。多分恋愛経験が少ないから慈しみと混同……ふつうしないよなぁ。変態さんですね。
 愛宕と重然はどうしよう。その内海戦があれば使うでしょうけど、あるのか? 海戦? ……いえ、あるんですけど。

 次回は遠州が委員長に急接近して衝突するような話です。委員長の防衛システムがどの程度機能してどんな結末になるのか……ご笑覧あれ。



 と、アトガキはこんなもんで。
 え~と、昨日、一昨日のweb拍手は……コメントは無いですね。叩いてくれた人には口では言い表せないほどの感謝を!

 で、ここで終わりなはずなのですが、その前にお知らせをば。来週は水曜くらいまで作者はパソコンにノータッチの予定なので、本サイトもこっちも更新出来ない感じです。後、遠出するので疲れて翌日とかその次の日も死んでる可能性が捨て切れません。更新予定日は一応31として置きましたが、四月にずれ込む可能性もあるので更新されないからと言って暴動を起こさないで下さい。31に更新出来ない場合は、少なくとも3日には更新しますので……。
 今後も週一更新くらいでへろへろと頑張っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

 では、本日はこの辺でヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ












追記:
 文章量が少ないから、上に書いても良かったんだけど原作のネタバレ的な話を書くのでまだ読んでねーよ、と言う人は避難して下さい。













 本当に大丈夫ですか?














 ……では。
 まぁ、前回お返事を返したweb拍手のコメントで、見たことあるような展開がどうこうと……。
 想定通りというか藤那の反乱の話の辺りだと思うのですが、元々あれには原作でも伏線が張られていたわけで、被ってると言うよりは私の方がフライングしたと言うのが実情でしょう。まぁ、本当にやっちゃってたのでどうやって収拾付けるのか今から大変興味深いのですが……。
 個人的な感想としては思ったより出すのが早かったなぁというのがあります。私としては戦が実際に始まってからとか思ってたんです。まぁ、開戦ギリギリにという展開はむしろ耶麻台国に取ってみれば最悪ですね。混乱してましたし……。どのような形で決着が付くのかは楽しみですが、作者の編年紀と同じ展開にだけはならないでしょう……。(反乱が起こった時の周りの状況が全然違うしね)

 そもそも、書き始める段階で作者が作ったプロットには第三部以降しかありません(爆 なので第一部と今やってる第二部は全部アドリブです。藤那反乱は一番やっちゃった感じがある部分で、あまりすっきりとした終わり方はしませんし、それどころかぶっちゃけ第二部の時点で完全には片づきません。

 藤那の反乱自体、第三部の始まりに都合がいい舞台を作り上げるために用意したものだったりしますしね。

 ……と、まぁそんな話は実は第二部の決着のさせ方がかなりアレな感じなので、今のウチから言い訳しておこうという腹なのですが……。来月中には第二部【表】が完結する……と思うので結末に関しては過剰の期待を寄せないように願います。(って物書きの言葉とは思えませんが……)

【2006/03/22 16:43】 | アトガキ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<出雲盛衰記24 | ホーム | 出雲盛衰記23>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sophist00.blog48.fc2.com/tb.php/45-c493ee8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。