スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第四回 火魅子伝SS戦略会議
第四回 火魅子伝SS戦略会議



 よいしょ、どっこらしょ、と。
 ああ、ようやく手足がくっつきました。
 ほんと、もう死ぬかと……。

 さて、どこぞから天目贔屓の続きじゃないのかとクレームが来そうですが、思ったより手こずってるんで、その内ね。気長にまっててください。

 と、言うわけで何事もなかったかのように第四回の戦略会議の始まりでゲスよ。
 本日のゲストは深川様でございます。

「禍し餓鬼!」

 げふぅっ!!

「本当に死なんな。これは遊べそうだ」
 な、とつぜん何を晒すんですがあなた様は!
「ん?ここは作者を虐め倒す場では無かったのか?」
 断じて違います! 深川様になら虐められるのもいいけど……
 うほんっ。では深川様、作者はこれまで割と贔屓してきたつもりなのですが、何か言いたいことはございますか?
「そうだな。原作より出番は相対的に見れば多いだろうな」
 深川様の魅力を世の中に知らしめるのが、作者の務めでございますから。
「魅力?」
 ええ、その人間をゴミとしか見てない鬼畜な所だとか、拷問好きで血に飢えてる危ない所だとか、何より、先天的に運が悪いのか、相対的に割りをくってるだけなのか、火魅子候補をその手に落としておきながら、気づかずに返しちゃう間のぬけっぷりが、あなた様の魅力ですね。

 びきっ

 なんの音でしょうか。今、空気にヒビが入ったような……
「ほ、ほほう。この私が、間抜けだと?」
 え、やだなぁ。 
 まさか自覚がないんですか?

「さぁ~て、どんな拷問がいいかなぁ。くく、死なないなら丁度いい、腹を引き裂いて、この家庭内害虫を百匹くらい詰めてまた閉じてやる」

 そ、それは、幾ら倒錯的趣味の作者でも、ちょっと……

 ぎにゃあああああああああっ!!

「ああ、いい叫びだ。少々艶が足りないが。ふふふふふ」

 ぴくぴく
 うう、お腹の中がぁ、もぞもぞしてるよぉ……

「って、普通に起きあがってくるとは」

 作者を嘗めちゃいけません。精神的にはかなりこたえてますが、肉体的にはこんなもん痛みのウチには入りません。
 では、危ないものを裡に秘めたまま話を続けますが、深川様もやはり出番欲しいですよね?
「当然だろう」
 ですよねぇ。まあ、あなた様は大好きですし、役回りがはっきりしているだけ使いやすいので、今後も出番はあるでしょう。というか、編年紀でもその内出番がありますよ。戦闘力補正がかかってかなり強くなってますし。
「ほほう。それは楽しみだな」
 でしょ?
 ま、捨てゼリフを吐いて去っていく、やられキャラには違いないんですけどね! ププ

 びぎぎ

 おや、なにやらまた大気の割れる音が……

「おい、teigo。そこにオモシロイものが落ちてたぞ。今度はこれでやってみようか、なぁ?」

 あれ?それって、俗に言うアイアンメイデンって拷問道具じゃ……

「なるほど、そんな名前か。ついでにからし味噌があったから、よく塗っておいてやろう」
 いえ、そんな恐縮です。というか、全力で遠慮したいんですけど。まだ、お腹の中身もアレですし。
「遠慮するな!」

 いやあああああ、ゆっくりしまってくる。
 からし味噌、痛い痛い、し~み~る~っ!

「ふふふ、余ってた家庭内害虫と、ムカデと、蜘蛛と、蠍と、オマケに魔獣にくっついてた、得体の知れない不思議生物を入れて、蓋をしてと」

 ぎにゃああああああああああああああああ!!

「さてと、後は明かないように縄でぐるぐる巻きにして、おい、お前達、こいつを海に沈めてこい」
「へ~い」(深川の部下達



「さて、作者は天目を贔屓に書きたがってるようだが、アレで少しは私の魅力に気が付くだろう。ふふふ、のたうちまわるがいいさ……(うっとり」

「次回からは深川様ヒロインの新シリーズ【百鬼夜行】が始まる。見なかったら、拷問してやるからな」
 カサカサカサ……

いや~、エライ目にあった。蟲毒に作者を放り込むキャラは他にいませんね。いや、全くいい女(?)です
さて、逃亡者さんからコメントを頂いたようなのでこの場を借りてお返事を。

>天目さまに足蹴にされるなんて……管理人さん羨ましすぎます(泣
泣くほど羨ましいですか。天目様の膂力で蹴られると、背中を蹴られてもお腹から足が出てくるんですよ。気をつけた方がいいですよ。常人なら死にますから。

>ところで出雲復興小説って続くのでしょうか?逃亡者は天目さまのコメントを信じてるんですが……
というか天目さまがヒロインなんて反則ですよ?お姉様補正が8ポイントは追加されてしまいます(笑
続くかも知れませんが、かなり話は省き省き書きます。完成度はかな~り低いものになるでしょう。前後の辻褄とかは読者さんの想像力で補完して頂く形になると思います。

>話は変わりますが、キリリクってまだ有効でしょうか?もし有効なのでしたら『お姉様オーラ全開の天目さまに誘惑されるヘタレ九峪』みたいな作品をリクエストしたいのですが……いや、なんだか管理人さんと天目さまの戦略会議読んでたら急に……ね(笑
キリリクですか。ありがとうございます。ヘタレ九峪誘惑編Ver.天目。う~ん、望んだ形のものに仕上がるかは分かりませんが、善処致します。

逃亡者さん、コメントありがとうございました。

それでは、本日はこの辺でヾ( ̄◇ ̄)ノ)) バイバイ


【2006/02/01 15:51】 | 会議 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<出雲盛衰記01 | ホーム | 第三回 火魅子伝SS戦略会議>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sophist00.blog48.fc2.com/tb.php/6-ef511422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。